ぽんこつプログラマーの日々のまとめ
mozvr


Firefox 55 が変なタイミングで Oculus Home と SteamVR を起動しやがる

Oculus Rift がサマーセールで5万円になっていたので迷わずポチって1ヶ月お預けを喰らった。やっとこさ手元に届いて素敵なVR生活を満喫していると Firefox 55 が WebVR に対応していたようで、自動的に Oculus App と SteamVR を起動するようになっていた。
VR コンテンツのサイトで起動するならいいが、バグなのかよくわからんタイミング(Hangout通知等)で乱立しやがるので自動起動を切る設定のメモ。

1.URLバーに about:config と打ち込み設定画面を開く
2.dom.vr.enabled をダブルクリックし false にする

ちなみにこちらのページで Mozilla WebVR のサンプルや詳細が見れる。initialize 時にハードウェアを検知して起動しているのだろうが、ページにアクセスした瞬間起動するのはどうかと。今後修正されるとは思うが鬱陶しいのでとりあえず切っておいて、使用する時にフラグをtrueにすればおk。

Oculus Home が起動していると WebVR が動作しない

Rift は頭にかぶるとHMDのセンサーが検知して Oculus アプリケーションが起動する。さらに一定時間装着すると Oculus Home が起動する仕様となっている。Home を起動したまま SteamVR や VR 対応ソフトを起動すると Home が検知し画面が切り替わるのだが、 WebVR の場合はまだ不安定で画面が切り替わらない事が多い。
色々試してみた結果、下記の手順だと実行する事が多かった。

  1. Oculus Home が起動している場合、Oculus アプリケーションを終了する
  2. Firefox で WebVR サイトにアクセスする
  3. サイトの HMDアイコンをクリックして WebVR モードを有効にする
  4. Oculus アプリケーションが起動したのを確認して Oculus Rift を覗き込む

Oculus Home が起動する前に Firefox からマウントさせることがミソ。確実に動作を保証するものではないが、上手く認識しない人は試してみてどうぞ。

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
webmaster

Redmusk

最西端の地で釣りとギターとゲームをこよなく愛する本業ぽんこつプログラマー。今を生きるを座右の銘とし日々快楽だけを求め切磋琢磨しております。