ぽんこつプログラマーの日々のまとめ

仕事上なんら関係ないのだが、時間が空いたのでAndroidアプリケーションを開発してみることにした。
まずは開発環境の構築を行う。

開発環境構築対象
OS:WindowsXP 32bit
言語:Java
開発環境:Android SDK , Eclipse


1.必要ソフトのインストール


 Javaのダウンロード
    C++,C#などでも開発できるようだが、ドキュメントが多数あるJavaで開発する。

    1.  まずは公式HPへ。 http://www.java.com/ja/
    2.  画面に従いインストーラをダウンロード。
    3.  適当なディレクトリにインストール。

  ・Android SDK

    AndroidアプリのSDK。

    1. 公式サイトへアクセス。 http://developer.android.com/sdk/index.html
    2. Windowsで開発する場合は
”android-sdk rXX-windows.zip”をクリック。

12042601


    3. 解凍してできた"android-sdk-windows"を"Program Files"等に移動する。
    4. 環境変数のpathに”
C:\Program Files\android-sdk-windows\tools”を追加する。

  ・Eclipse
    1. http://www.eclipse.org/downloads/
    2. 今回はOSが32bitなので、"Windows 32bit"をクリック。
12042602

    3. zipを解凍し、
"Program Files"等に移動する。
    4. eclipse.exeを実行。
    5. ワークスペースのディレクトリを問われるので任意の場所を設定。
         "Use this as~"にチェックを入れておけば何度も設定せずにすむかも。
12042603

    6. Android用パッケージをインストールする。
        Help > Install New Software
12042604

    7. ダイアログが表示されるので"Add"をクリックし、Locationの部分に
        
https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/
   と入力。nameは適当でいい。
   (プロキシ設定などしてる場合にエラーが起こる事も)
12042605

    8.リストの取得が終わると一覧に"Developer Tools"と出るのでチェックを入れて"Next"を押す。
12042606

    9. 最後に承諾のダイアログを閉じてパッケージのインストールは完了。
    10. 次にAndroidSDKのディレクトリをeclipseに登録する。
     Window >
Preference の中のAndroidを選択し、Locationを入力。OKボタンを押す。
     ※画面は日本語化済みのもの
12042607

  11. Android API等をインストールする。下記画像の"Android SDK Manager"をクリック。
12042608

  12. ダイアログが表示されるので、任意のキットにチェックを入れて
   "Instal packagese"をクリック。この時すべてのパッケージをインストールすると、
   とても時間がかかるので必要なバージョンの物だけをインストールしよう。
12042609

  13. 承諾ダイアログが出るので承諾しインストール作業は完了。

これで開発環境の構築は粗方完了。eclipseの日本語化なども可能なので、時間がある時に行うと開発が楽になるかも。
環境を整えるのにJavaしかインストーラーを使わないので、PC初心者には難しく感じるかもしれないが、開発者としては簡単に開発環境を再構築・移動できるのでありがたい。

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
webmaster

Redmusk

最西端の地で釣りとゲームをこよなく愛する本業ぽんこつプログラマー。今を生きるを座右の銘とし日々快楽を求め切磋琢磨しております。

steam ID